2014年06月22日

ZBrush Tips DynaMeshMasterを使ってみた

DynaMeshMasterというプラグインがあるのですが、
最近TwitterのTLで見かける事が多かったので使ってみました。
検索した所、ZBrushCentralにありますね。

とりあえずダウンロードして、
ファイルをプラグインフォルダへ。
まだちょっと触っただけです。

DynaMeshMasterは、
ポリゴン数を指定してDynaMesh化ができるとのこと。
たぶんこれが一番の売りなのかな。

140622_1.jpg

DynaMeshにするとき、
Resolution(解像度)でメッシュの細かさを
指定していましたが実際どのくらいになるかは、
実行するまで正直よく分かりませんでした・・・

例えば、今までのResolution2048で
DynaMesh化して予想以上に細かくなりすぎて長い時間、
変換処理が続くということを回避できそうな感じです。

逆にもっと細かくしたいのにResolution2048では
足りないという状況でも
DynaMeshMasterでは10ミリオンまであるので
今まで以上に細かくすることもできますね。

使ってみたところ、
polycountの数値の近似値になります。ぴったりにはなりません。
うん、だけどResolutionよりだいぶ分かりやすい。
Resolutionだと形状とかによっては
同じ数値なのに右脚と左脚で細かさが
全然違うっていう状態になったりすることもありましたが、
polycount指定だとそういうことも回避できそうです。

Scaleはどういうとき使うんだろう?
DynaMexh化するときだろうか。
ずいぶん充実しているんだよね。
とりあえず、Scale UPで拡大。
実際にオブジェクトのスケールが拡大されます。
Scale Downで縮小。
スライダーで倍率を変えなければ
拡大したオブジェクトを元の大きさにすぐ戻すこともできます。




posted by NAYUTA at 18:43 | Comment(0) | ZBrush デジタル原型 Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。