2013年12月18日

ZBrush Tips Decimation Master のフリーズについて

ZBrushでデータを作って出力する際、
データが重過ぎるのでDecimation Masterで
ポリゴン数を減らします。

ただ、Decimation Masterがフリーズすると
よく聞くので検証してみました。
自分もフリーズした事あるので。。。

とりあえず参考例で腕を分割したとします。
z_015.jpg

本体をコピー

コピーしたオブジェクトを
左腕周辺以外をTrimなどで削除

左腕の形状を作る

左腕で本体をブーリアン

こういった同じ形でブーリアンすると欠片残る事があります。
Decimation Masterがフリーズする原因で
「メモリが足りないんじゃない?」ってよく言われますが、
この欠片が原因の場合があるようです。
なんでフリーズしたのではなく、
欠片があると異常に時間が掛かってるっぽいです。

z_016.jpg

たとえばこんな感じで。
今回は、あからさまにありますが
場合によっていはどこにあるのかまったく
わからない時もあります。

polygroupsのAuto Groupsをしてから
Sub ToolのGroups Splitなどで
浮いているパーツを削除しましょう。

こういう余計なデータが混じっていると
出力にもよくないですね。




タグ:ZBush 3DCG tips 原型
posted by NAYUTA at 19:48 | Comment(0) | ZBrush デジタル原型 Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。