2015年10月25日

Fate/Grand Order ランサー 1/8スケールフィギュア 02

前回の3Dペイントツールをあたりに
CVカーブツールで清書をしていきます。

この時、たまに使うライブサーフェスを使いました。
体をライブサーフェスにして、吸着させながら描いています。
ライブサーフェスはスムースメッシュプレビューの
元のローポリに吸着されるのでスムースで
結構細かいポリゴンにしています。

lancer_1025_1.jpg

サーフェスの押し出しでカーブから
オブジェクトを作っていきます。

lancer_1025_2.jpg

描き終わったカーブをスムースバインド、
体のウエイトをカーブにコピー。
とりあえずこれだけで結構いい感じに
カーブが動いてくれます。

オブジェクトではなくカーブを変形させるので、
ポーズ状態にしても押し出しで作ったオブジェクトは歪まず、
綺麗な筒状態を維持してくれます。

lancer_1025_3.jpg

ざっくり色を塗って様子見。

lancer_1025_4.jpg

次回は、槍。
槍を作ればパーツが揃うので、
段々と細かい調整になっていきます。

2015年10月11日

Fate/Grand Order ランサー 1/8スケールフィギュア 01

7月末から配信されたソーシャルゲーム
Fate/Grand Order(FGO)をまったりプレイしています。
神バハ以降はソーシャルゲームに課金しないと決めてるので。

最近のFGOはバグが少なくなってきたり、
難易度が段々と適正になってきたりと落ち着いてきたかな。
三章オケアノスはよっ

そんなFGOのランサーをイラスト公開から合間に作っていました。
まさか初期のガチャに居ないとは思いませんでしたが。


今回はめずらしく3Dペイントツールを使いました。
こういうボディペイントみたいな衣装にあたりを付けるのに有効かと。
もうほとんど完成してるけど、
順番に公開していきたいと思います。


準備は、
・UV展開(自動マッピングで作成)
 自動マッピングは3Dペイントのときしか使わないですね。
 UVがバラバラに分かれるので普段はほとんど使えないかと思いますが、
 UVの歪みや伸びが少ないのであたりのペイントするときにはいいです。
 マッピングした後に体を半分に切って
 ジオメトリのミラーして対称に描けるようにしています。

・ウエイトの付けたボディパーツ
 Tスタンスとポーズ状態をキーフレームで切り替えながら様子をみるので。

lancer_1011.jpg


UVがバラバラで境界が目立つので
3Dペイントツールオプションの継ぎ目カラーの延長にチェックを入れて描いたら綺麗になりました。

ざっくり描いてこんな感じになりました。
Tスタンスで描いてポーズ状態にして確認、
場合によっては逆にポーズ状態で描いたりとかしてました。
イラストがポーズ状態なので。

とりあえずペイントは下書きみたいなものなのでここまで。
次はペイントに合わせてオブジェクトの配置になります。